• 資料請求
  • 2014 OPEN CAMPUS
  • 360°バーチャルキャンパスツアー
  • デジタル資料
  • 学校見学について

在学生、保護者の皆様へ2020年5月15日

在学生、保護者の皆様へ

 

 

 新型コロナウイルスCOVID-19)感染症が世界的に広まり、日本国内においても緊急事態宣言が全国に発令され、5月14日には全国の39県が解除されましたが、大阪府においては未だ発令されたままの状態にあります。その中でも短期大学は、大阪府が定める標準的対策を遵守することを条件に、休止要請を解除することとなっています。しかし、医療系短期大学である本学としましては、感染症に対する様々な状況を踏まえながら登校の時期やその方法等を検討していきます。刻々と変化する厳しい医療の現場の中で、本学の卒業生を含め多くの医療職の方々が、感染症から命を守るために日々奮闘しておられます。そのような中、在学生の皆さんは、一刻も早く看護学・保健学を学びたいという危機感をもっておられることでしょう。また、感染症予防の観点から、学内が立ち入り禁止となっているため、学校に足を運ぶことも出来ず、不安な日々をお過ごしになっていることと思います。

 本学においては、今までに例のないWeb講義を行うにあたり、教職員が不慣れな中、一丸となり様々な準備を行ってまいりました。茨木キャンパスが511日から、青葉丘キャンパスでは513日からWebでの講義を開始しております。Web講義を進めるにあたり、在学生の皆さんも不安をお持ちだと思います。私たち教職員は皆さんが少しでもスムーズに講義を受講できるように進めていきたいと思っております。

今後、緊急事態宣言が解除され、皆さんが学校へ足を運ぶ事が可能になったとしても、しばらくは分散での登校を考えております。緊急事態宣言が解除されても、ウィルスが無くなったわけではありません。皆さんには、医療職を目指す者として、各自で感染予防を心掛けてもらいたいと思います。外出は出来る限り最小限にとどめ、①密集・密接・密室を避ける②帰省・旅行を控える③人が集まる行楽地に行かない④買物は少人数ですいている時間に行く⑤こまめに手を洗うこと⑥手で顔を触らない。特に目、鼻、口を触らない習慣をつけることなど、自覚をもって行動してください。

保護者の皆様におかれましては、日頃より本学の教育において、ご支援等をいただきありがとうございます。今は学生の安全と健康を確保しながら、新型コロナウイルスの拡大をおさえる事が何より重要と認識しています。引き続きご支援、ご協力をお願い致します。

 

 

藍野大学短期大学部

学長 佐々木惠雲

トップページにもどる