入試情報

入試情報

  • 第一看護学科
  • 第二看護学科
  • 専攻科(地域看護学専攻)
  • 資料請求
  • 2012 OPEN CAMPUS
  • 茨木キャンパス Photo Gallery
  • デジタルパンフレット
  • 学校見学について

入試情報

平成26年度藍野大学短期大学部学生募集要項

教育目標

 看護師は、医師による診断を基に患者が患う病の治癒を支援するのみならず、生活習慣の改善を促す重要な役割があります。これは、個々の患者の身近にいる看護師こそができる役割であり、医師ができることではありません。看護教育とは、医療を施すだけの人を送り出すのであってはならず、患者の共感を得て病の治癒の支援ができる人材を育成することにあります。そのために、医療や看護について十分な知識を持つことはもとより、患者に寄り添い共感を得ることができるように十分な教養をもつ学生を教育します。さらに、病に罹らない社会・生活環境を整える手立てを考え、実行する能力を持った人材を育てます。

入学者に関する受け入れ方法

 本学では、入学を希望される方に対し、本学が望む資質を示すため、次のように入学者の受入れ方針(アドミッションポリシー)を定めています。

第一看護学科

①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」

 第一看護学科では、卒業後に看護師として従事することを前提に、准看護師から看護師へのステップアップをするために、専門的知識と技術の修得、生命の尊厳を基盤とする倫理観、豊かな人間力を養い、ヒューマンケアを中核としたより実践的な看護の知識技能の修得を図ります。また、チーム医療の中で看護の役割を果たすことができる人材育成を目指します。
 この目的のために入学後は、以下の能力の向上を図ります。

 (1)高いコミュニケーション能力を持ち、深い洞察と倫理観に基づく人間関係を形成する能力
 (2)身につけた知識と技術をさらに高度なものとし、自発的に目的意識を喚起できる能力
 (3)自ら考え、なにごとにも挑戦し、最後まで粘り強くやり遂げる能力

②「入学者に求める能力は何か。」

 上記①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」を踏まえ、以下の意欲・資質を備えた者を入学者として求めています。

 (1)相手と気持ちを分かち合い、人の痛みがわかる感性を持ち、かつ自分の意見を発信して、
    人との関係を大切にできる
 (2)准看護師の基礎的な知識と技術を有し、高い専門性を持ち、努力を惜しまず自己研鑚できる
 (3)明確な目標をもち、その実現に向かってひたむきな努力を惜しまず、最後までやり遂げることができる

 高等学校衛生看護科または准看護師学校養成所で修得しておくことが望ましい科目として、国語の読解力および言語運用能力(国語総合)と数学Ⅰの計算能力があげられます。
 また、入学後の学修を円滑にするために基礎看護と人体と看護の科目を修得しておくことが望まれます。

③「培ってきたどのような能力をどのように評価するのか。」

 第一看護学科の選抜試験では、以下の評価を行います。

 (1)一般選抜入試では、上記②「入学者に求める能力は何か。」で掲げた科目を中心とする学科試験により
    基礎学力(知識、思 考力、表現力)を評価します。
    前期日程においては、小論文と看護専門科目により評価します。また、後期日程においては、看護専門
    科目と面接により評価します。
 (2)推薦入試では、小論文および面接により意欲、資質などを評価します。
 (3)社会人入試では、看護専門科目および面接により意欲、資質などを評価します。

 面接においては、上記②に関する認識や態度、特に(1)で求められる意思疎通、協調性、自己表現能力、共感能力、知性と感性のバランスの取れたコミュニケーション能力などについての資質、それらを身に付ける意欲などを評価します。面接における参考資料として、出身校等の調査書や志望理由書を活用します。(評価全体に占める面接の比率は約25%)

専攻科(地域看護学専攻)

①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」

 専攻科(地域看護学専攻)では、卒業後に保健師として従事することを前提に、地域・企業・学校などの活動の場において、あらゆる世代やあらゆる健康レベルの個人、家族、さらに集団、組織を対象とした公衆衛生看護活動を展開できるよう、入学後は以下の能力の向上を図ります。

 (1)高いコミュニケーション能力を持ち、深い洞察と倫理観に基づく人間関係を形成する能力
 (2)身につけた看護学をもとに、公衆衛生看護の視点をもって、保健師として自発的に目的意識を喚起
    できる能力
 (3)自ら考え、積極的な姿勢で、最後まで粘り強くやり遂げる能力
 (4)社会情勢などをみて、物事を客観的に見極め、保健師の役割について考えられる能力
 (5)地域の医療・保健問題の調査研究や問題解決に主体的に取り組める能力

②「入学者に求める能力は何か。」

 上記①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」を踏まえ、以下の意欲・資質を備えた者を入学者として求めています。

 (1)相手と気持ちを分かち合い、人の痛みがわかる感性を持ち、かつ自分の意見を発信して、
    人との関係を大切にできる
 (2)看護学に関する基礎学力を有し、公衆衛生看護に関心を持っている
 (3)自己研鑽に努力を惜しまず、最後までやり遂げることができる
 (4)探求心を持ち、主体的に研究に取り組むことができる

 入学後の学修を円滑にするために、また、各看護師養成校で修得しておくことが望ましい科目として、看護学(特に公衆衛生看護学)の基礎知識・看護技術があげられます。

③「培ってきたどのような能力をどのように評価するのか。」

 専攻科(地域看護学専攻)の選抜試験では、以下の評価を行います。

 (1)一般選抜入試では、上記②「入学者に求める能力は何か。」で掲げた教科を中心とする学科試験により
    基礎学力(知識、思考力、表現力、文章表現力)を評価します。
    前期日程においては、看護学と小論文により評価します。また、後期日程においては、小論文と面接に
    より評価します。
 (2)推薦入試では、小論文および面接により意欲、資質などを評価します。
 (3)社会人入試では、小論文および面接により意欲、資質などを評価します。

 面接においては、上記②に関する認識や態度、特に(1)で求められる意思疎通、協調性、自己表現能力、共感能力、知性と感性のバランスの取れたコミュニケーション能力などについての資質、それらを身に付ける意欲などを評価します。面接における参考資料として、出身校等の調査書や志望理由書を活用します。(評価全体に占める面接の比率は約30%)

第一看護学科(2年課程)

1.募集定員・修業年限・卒業後の資格

募集人員 修業年限 卒業後の資格
100名(男女共学)※ 2年 (1)看護師国家試験受験資格
(2)保健師、助産師学校の受験資格

2.出願資格

[基礎資格]:次の【1】および【2】を満たしている者

【1】2017年度准看護師試験において免許を取得見込の者、または既に准看護師免許を取得している者
【2】次の1~8のいずれかの要件を満たしている者

  • 1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を卒業した者、および2018年3月卒業見込の者
  • 2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2018年3月修了見込の者
  • 3. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者、および2018年3月末日までに修了見込の者、
      またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
  • 4. 外国において、中等教育の課程の修了まで12年を要しない国については、文部科学大臣が指定した大学に入学
      するための準備教育を行う課程を修了し、かつ、2018年4月1日までに満18歳に達する者
  • 5. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者、
      および2018年3月末日までに修了見込の者
  • 6. 文部科学大臣の指定した者(専修学校の高等課程の修業年限3年以上の課程で文部科学大臣が別に指定したものを
      文部科学大臣が定める日以後に修了した者など)、韓国高等学校または朝鮮高級学校を修了した者および2018年
      3月修了見込の者
  • 7. 文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)
      および2018年3月末日までに合格見込の者で2018年4月1日までに満18歳に達する者
  • 8. 本学において、個別の出願資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、
      2018年4月1日までに満18歳に達する者(出願資格の認定には時間を要するため、出願締切日の5週間前までに
      所定の出願資格申請書を本学へご提出ください。)

※「文部科学大臣の指定した者」には、海外の大学入学資格(国際バカロレア資格、アビトゥア資格、バカロレア資格
  など)を有する者を含みます。
※ その他、入試区分ごとに出願資格がありますので、ご注意下さい。

[入試区分別出願資格]

出 願 資 格
指定校
推薦入試

上記の基礎資格を有し、次の①、②すべての要件を満たしている者

① 学業成績・人物ともに優れ、心身ともに健康で、第一看護学科について、出身学校長が
  責任を持って推薦できる者

② 合格した場合、必ず入学する者

  ※ 推薦枠、評定値等の要件詳細については、高等学校の進路担当の先生にお問い合わせください。

公募制推薦入試
A日程
B日程

上記の基礎資格を有し、次の①~③のすべての要件を満たしている者

① 学業成績・人物ともに優れ、心身ともに健康で、第一看護学科について、出身学校長が
  責任を持って推薦できる者

② 高等学校衛生看護科または准看護師養成所を2018年3月に卒業見込の者、または
  2017年3月に卒業した者

③ 合格した場合、必ず入学する者

社会人入試
A日程
B日程

上記の基礎資格を有し、次の要件をすべて満たしている者

① 准看護師免許取得後、入学時において准看護師としての実務経験を1年以上有する者

② 合格した場合、必ず入学する者

  ※ 受験時に1年以上の実務経験が無い場合でも受験は可能です

一般選抜入試
前期・後期

上記の基礎資格を有する者

3.入学試験日程と試験科目

指定校推薦入試 公募制推薦入試
A日程
公募制推薦入試
B日程
試験会場 茨木キャンパス
募集定員 40
専願/併願 専願
試験科目・
配点と時間割
9:00 受付開始
9:40 集合
10:00~ 面接
9:00 受付開始
9:40 集合
10:00~11:00 小論文(100点)
12:00~ 面接
選抜の方法 各試験科目、面接、出願書類、志望理由等を総合して判断します。
出願期間 2017年
11月1日(水)~
11月9日(木)

本学必着
2017年
11月20日(月)~
12月1日(金)

本学必着
試験日 2017年
11月18日(土)
2017年
12月10日(日
合格発表日 2017年
11月24日(金)
2017年
12月15日(金)
手続き期間 2017年
11月27日(月)~
12月8日(金)

納入・必着
2017年
12月18日(月)~
2018年
1月5日(金)

納入・必着
社会人入試
A日程
社会人入試
B日程
一般選抜入試
前期
一般選抜入試
後期
試験会場 茨木キャンパス 茨木キャンパス
金沢会場
名古屋会場
岡山会場
福岡会場
茨木キャンパス
募集定員 20 40
専願/併願 専願 -
試験科目・
配点と時間割
9:00 受付開始
9:40 集合
10:00~11:00
看護専門科目(准看護師試験に準ず/100点)
12:00~ 面接
12:00 受付開始
12:40 集合
13:00~15:00
看護専門科目
(准看護師試験に準ず)
・小論文
(各100点)
12:00 受付開始
12:40 集合
13:00~14:00
看護専門科目
(准看護師試験に準ず/100点)
14:30~ 面接
選抜の方法 各試験科目、面接、出願書類、志望理由などを総合して判断します。
出願期間 2017年
11月1日(水)~
11月9日(木)

本学必着
2017年
11月20日(月)~
12月1日(金)

本学必着
2018年
1月5日(金)~
1月18日(木)

本学必着
2018年
2月13日(火)~
2月26日(月)

本学必着
試験日 2017年
11月18日(土)
2017年
12月10日(日)
2018年
2月1日(木
2018年
3月10日(土)
合格発表日 2017年
11月24日(金)
2017年
12月15日(金)
2018年
2月9日(金)
2018年
3月15日(木)
手続き期間 2017年
11月27日(月)~
12月8日(金)

納入・必着
2017年
12月18日(月)~
2018年
1月5日(金)

納入・必着
2018年
2月13日(火)~
2月23日(金)

納入・必着
2018年
3月16日(金)~
3月22日(木)

納入・必着

※ 藍野高等学校からの進学者を含む

4.学費等

■初年度学費納入方法

本学では、授業料のみ前期・後期に分けての納入(分割納入)が可能です。分割納入の場合は、別途、後期授業料の納付書を7月下旬までに送付します。
 入学手続き期間に、本学で納入確認ができなかった場合は、その時点において入学を辞退されたものと判断し、事務処理をいたしますのでご注意ください。
 いったん受理した学費等については、返還いたしません。ただし、止むを得ない事情がある時に限り、入学辞退の連絡を2018年3月31日(土)17時までに行っていただければ、既に納入した金額から各学科の入学金(第一看護学科および第二看護学科は250,000円、専攻科(地域看護学専攻)は400,000円)を差し引いた金額を返還します。

  入学金 授業料(年額) 実験実習費 教育充実費 合計
初年度 250,000円 760,000円 340,000円 100,000円 1,450,000円
次年度以降 - 760,000円 340,000円 100,000円 1,200,000円
2年間で合計2,650,000円

※ 第一看護学科は、その他、指定教科書代、課外研修費、日本看護学校協議会共済会総合補償制度「Will」等の諸経費
  として学費以外の個人負担が約23万円必要です。入学手続き完了者に別途案内します。

» ページの先頭へ


1.募集定員・修業年限・修了後の資格

修業年限 卒業後の資格
40名
(男女共学)
1年 保健師国家試験受験資格

※ 保健師の免許を取得すれば、申請により「第1衛生管理者」を得ることができます。
  また、定められた選択科目の履修により「養護教諭2種免許」を得ることができます。

■学士(看護学)の取得について
 所定の単位を修得し、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構のレポート試験等に合格すれば、四年制大学卒業と同等の学位である学士(看護学)が得られます。
※ 独立行政法人大学評価・学位授与機構の規程により、看護師免許に関わる修学状況によっては、対象とならない
  場合があります。詳しくは、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構のホームページをご覧ください。

2.出願資格

[基礎資格]:次の1~5のいずれかに該当する者

1. 大学・短期大学または、看護師養成所、高等学校専攻科における看護に関する学科等を卒業した者、および
  2018年3月卒業見込の者

2. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者で、さらに最終の課程において看護に関する課程を
  修了した者

3. その他、本学において、個別の出願資格審査により、上の1に規定する者と同等以上の学力があると認めた者

4. 公募制推薦入試、社会人入試の出願については、合格した場合必ず入学する者

5. 本学において、個別の出願資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、
  2018年4月1日までに満18歳に達する者(出願資格の認定には時間を要するため、各入試区分の出願締切日の
  5週間前までに所定の出願資格申請書を本学へご提出ください。)

※ その他、入試区分ごとに出願資格がありますので、ご注意下さい。

[入試区分別出願資格]

出 願 条 件
公募制推薦入試
A日程
B日程

上記の基礎資格を有し、次の①~③のすべての要件を満たしている者

① 学業成績・人物ともに優れ、心身ともに健康で、専攻科(地域看護学専攻)について、
  出身学校長が責任を持って推薦できる者

② 看護課程の大学・短期大学または、看護師養成所、高等学校看護専攻科を2018年3月に
  卒業見込み者、または2017年3月に卒業した者

③ 合格した場合、必ず入学する者

社会人入試
A日程
B日程

上記の基礎資格を有し、次の①、②のすべての要件を満たしている者

① 看護に関する課程を修了し、看護師免許取得後、入学時において1年以上の看護師の
  実務経験を有する者

② 合格した場合、必ず入学する者

  ※ 受験時に1年以上の実務経験が無い場合でも受験は可能です

一般選抜入試
前期・後期

上記の基礎資格を有する者

3.入学試験日程と試験科目

公募制推薦入試
A日程
公募制推薦入試
B日程
社会人入試
A日程
試験会場 茨木キャンパス
募集定員 25
※ 公募制推薦入試A・B日程および社会人入試A・B日程の合計数となります。
専願/併願 専願
試験科目・
配点と時間割
 9:00 受付開始
 9:40 集合
10:00~11:00 小論文(100点)
12:00~ 面接
選抜の方法 各試験科目、面接、出願書類、志望理由を総合して判断します。
出願期間 2017年
11月1日(水)~
11月9日(木)

本学必着
2017年
11月20日(月)~
12月1日(金)

本学必着
2017年
11月1日(水)~
11月9日(木)

本学必着
試験日 2017年
11月18日(土)
2017年
12月10日(日
2017年
11月18日(土)
合格発表 2017年
11月24日(金)
2017年
12月15日(金)
2017年
11月24日(金)
手続き期間 2017年
11月27日(月)~
12月8日(金)

納入・必着
2017年
12月18日(月)~
2018年
1月5日(金)

納入・必着
2017年
11月27日(月)~
12月8日(金)

納入・必着
社会人入試
B日程
一般選抜入試
前期
一般選抜入試
後期
試験会場 茨木キャンパス 茨木キャンパス
金沢会場
名古屋会場
岡山会場
福岡会場
茨木キャンパス
募集定員 25

※ 公募制推薦入試A・B日程および社会人入試A・B日程の合計数となります。

15
専願/併願 専願 -
試験科目・
配点と時間割
9:00 受付開始
9:40 集合
10:00~11:00 小論文(100点)
12:00~ 面接
12:00 受付開始
12:40 集合
13:00~15:00
看護学(100点)・
小論文(100点) 
12:00 受付開始
12:40 集合
13:00~14:00 小論文(100点)
14:30~ 面接
選抜の方法 各試験科目、面接、出願書類、志望理由を総合して判断します。
出願期間 2017年
11月20日(月)~
12月1日(金)

本学必着
2018年
1月5日(金)~
1月18日(木)

本学必着
2018年
2月13日(月)~
2月26日(月)

本学必着
試験日 2017年
12月10日(日
2018年
2月1日(木
2018年
3月10日(土)
合格発表日 2017年
12月15日(金)
2018年
2月9日(金)
2018年
3月15日(木)
手続き期間 2017年
12月18日(月)~
2018年
1月5日(金)

納入・必着
2018年
2月13日(火)~
2月23日(金)

納入・必着
2018年
3月16日(金)~
3月22日(木)

納入・必着

4.学費等

■初年度学費納入方法

 本学では、授業料のみ前期・後期に分けての納入(分割納入)が可能です。分割納入の場合は、別途、後期授業料の納付書を7月下旬までに送付します。
 入学手続き期間に、本学で納入確認ができなかった場合は、その時点において入学を辞退されたものと判断し、事務処理をいたしますのでご注意ください。
 いったん受理した学費等については、返還いたしません。ただし、止むを得ない事情がある時に限り、入学辞退の連絡を2018年3月31日(土)17時までに行っていただければ、既に納入した金額から各学科の入学金(第一看護学科および第二看護学科は250,000円、専攻科(地域看護学専攻)は400,000円)を差し引いた金額を返還します。

入学金 授業料(年額) 実験実習費(年額) 合計
400,000円 850,000円 400,000円 1,650,000円

※ 専攻科(地域看護学専攻)は、その他、指定教科書代、課外研修費、日本看護学校協議会共済会総合補償制度
 「Will」等の諸経費として学費以外の個人負担が約15万円必要です。詳しくは入学手続き完了者に別途案内します。

5.その他

詳細については入試ガイドでご確認下さい。

本学への交通について

詳しくは

交通アクセス

再受験の方法

1.再受験について

 今年度に本学を一度受験された方が、今年度に再度別の入試区分でご出願されることを、再受験と呼びます。再受験の場合、Web出願申込登録の手続きを省略できたり、ご用意いただく出願書類が少なくなります。
 再受験の場合も、Web出願登録サイトより以下の通り手続きを行ってください。なお、お手続きには、初回受験時のログインID(8ケタ)が必要となります。

2.再受験出願手続き手順

① Web出願登録サイトの「出願確認/再受験」からログインし、出願してください
 ※「出願登録」から出願されますと、再受験とならず新規でのお申込みになりますので、ご注意ください。
② 志願者情報が既に入力されておりますので、内容をご確認いただき、変更やお間違いがなければ受験料のお支払い
  方法を選択し、 検定料(30,000円)をお支払ください。
③ 検定料の入金が完了すると、初回受験時同様「入金完了メール」が本学より通知されます。メールに記載のURL、
  またはWeb 出願トップページから「出願確認/再受験」ページにアクセスし
  ●Web入学願書  
  ●封筒貼付用宛名シート  
  上記の2点をダウンロードし、ページの拡大・縮小はせずにA4サイズで印刷してください。
④ 市販の角2封筒(A4サイズが入る封筒)に、Web入学願書を同封し、印刷した「封筒貼付用宛名シート」を表面に
  貼り、簡易 書留にて本学へ送付してください。再受験の場合、Web入学願書への写真の貼付、写真票、志望理由書、
  調査書、卒業証明書 等の各種証明書、推薦書の提出は
必要ございません。Web入学願書のみご提出ください。
⑤ 受験料の入金確認および送付書類が受理されると、本学より「受験票作成完了メール」が通知されます。メールに
  記載のURL もしくはWeb出願登録サイトトップページの「出願確認/再受験」ページにアクセスし、受験票を
  ダウンロードして印刷してください。試験日当日は、必ずこちらの受験票をお持ちいただきますようお願いいたします。 ※藍野大学と藍野大学短期大学部の間では、再受験等の併用はできません。

1.受験上の注意事項

(1)受付開始時刻より、試験会場へ入室できます。試験開始の20分前までに指定の試験会場に入室してください。
(2)試験開始後20分以上遅刻した場合は、受験することができません。
(3)受験票は必ず携帯し、試験中は机の上に提示してください。 万一受験票を忘れたり、紛失した場合は、職員に
   申し出て仮受験 票発行の手続きをしてください。
(4)試験会場内には備え付けの時計が無い場合があります。必要な方は時計機能のみ付いた腕時計等をご持参ください。
   また、電卓や辞書等の機能の有無が判別しづらいものを使用していた場合は、試験終了まで預かることがあります。
(5)使用できる筆記用具は、HBもしくはBの鉛筆(シャープペンシルも可)・消しゴム・鉛筆削り・時計(時計機能だけ
   のもの)です。これ以外のものを机の上に置くことはできません。
(6)試験会場への入場の際は、携帯電話の電源は必ず切って、カバンの中に入れておいてください。試験中に携帯電話を
   見たり操作していることがわかった場合は、それが不正を目的とした行為ではなくとも不正行為とみなし、不合格と
   します。

(7)試験終了まで会場外に出ることはできません。昼食については、受験される入試スケジュールに応じて、各自の判断
   であらかじめご用意ください。ゴミや空き缶などは、各自持ち帰ってください。
(8)茨木キャンパスの受験生で試験当日スクールバスをご利用の場合は、混み合うことが予想されますので、あらかじめ
   乗り場、 発車時刻等を確認し、余裕を持ってご利用ください。(交通アクセスを参照のうえ、各入学試験の前には
   追加便等を本学のホームページに掲載します。)
(9)本学以外の試験場では、受験生以外が入室できる控室はございません。
(10)本学周辺で合否結果等を知らせることを請け負う業者や、不動産に関するチラシを配布する業者がいることが
    ありますが、 本学とは一切関係ありません。
(11)試験日当日のご連絡・お問い合わせは、試験会場となっている各キャンパスにご連絡ください。
   ・第一看護学科・専攻科(地域看護学専攻)・・・茨木キャンパス(TEL. 072-626-2361)
   ・第二看護学科             ・・・青葉丘キャンパス(TEL. 072-366-1106)

2.奨学金について

さまざまな奨学金がございます。本人の事情に合わせて相談に応じます。

詳しくは

奨学金ローン

3.藍野大学学生寮のご案内 第一看護学科・専攻科(地域看護学専攻) 女子寮

藍野大学学生寮は藍野大学短期大学部の校舎の裏側にあります。
安心・快適・自立した生活をする環境が整えられた女子専用学生寮です。また住み込みの寮母さんがいるので安心です。

詳しくは

寮について

4.個人情報の取り扱いについて

本学ではプライバシーの保護に十分配慮しております。出願書類による受験生の皆さんの情報は、入学試験の実施に関わる業務、および入学後の教学に関わる業務に利用し、それ以外の用途には使用しません。

5.お問合わせ先

出願や受験に関してわからないことがあれば、下記までお問い合わせください。なお、業務時間は下記のとおりとなっていますので、ご注意ください。

学校法人藍野学院 藍野大学短期大学部
第一看護学科・専攻科(地域看護学専攻)入試係
月曜日~金曜日午前9時~午後5時

» ページの先頭へ