キャンパスライフ

キャンパスライフ

  • 年間行事
  • キャンパスマップ
  • 学生の一日
  • 先輩からのメッセージ
  • 寮について
  • 奨学金・教育ローン
  • 各種証明書
  • 資料請求
  • 2012 OPEN CAMPUS
  • 茨木キャンパス Photo Gallery
  • デジタルパンフレット
  • 学校見学について

先輩からのメッセージ

在学生からのメッセージ

選んだ道を精一杯歩こう!

中垣

第一看護学科

中垣

小学校の頃、祖父の見舞いで“看護師”という職業を知りました。優しくて丁寧で、当初は憧れでしたが気づいたら夢に変わっていました。
藍野大学短期大学部に入学した決め手は、看護師として早く働きたいという思いが強いので早く臨床に出られるという点と、学士が取れるという点でした。
自分の進路を決めたときの“頑張る!”という気持ちを忘れず、勉強できていることに感謝しています。

自主性が高められます。

富山

第一看護学科

富山

中学生の頃、入院していた時、担当の看護師さんがとても格好良かったのが看護師を目指すきっかけとなりました。
外部の現職医師や現職看護師の講師が臨床を関連させて行われる授業がとてもためになるのが藍野大学短期大学部の魅力です。
あきらめず自分のなりたいものへなるよう頑張ってください。

教科書には書かれていないリアルな話が聞けます。

木村

第一看護学科

木村

高校一年生の時に部活でケガをして入院した時に不安で一杯だった私に看護師さんが優しく声を掛けてくれ、とても安心できました。
私も人を癒し役に立てる仕事がしたいと思い看護師を目指すようになりました。
ドクターの授業や今、臨床で活躍されている看護師さんの授業で、教科書には書かれていないリアルな話が聞けることがとても興味深いです。
知識はもちろん見に付け、且つ人の気持ちに寄り添えるような人・看護師になりたいです。

人の心に寄り添える看護師になりたいと思っています。

横山

専攻科

横山

藍野大学短期大学部は先生方が優しく温かく、一緒に悩み一緒に考えてくれるような方々で、人としても保健師としても尊敬できます。
そんな人達の下で学んだ保健師という職業も魅力的な資格だと感じられます。
人の心に寄り添える保健師になりたいと思っています。

教育サポートの充実に魅力を感じ入学を決めました。

山﨑

専攻科

山﨑

看護師として働く中で、生活習慣病の有病者の多さを目の当たりにしてきたことから、生活習慣病を少しでも減らせる保健師に興味を持ちました。
公衆衛生看護学実習Ⅲでは、授業や教科書で学んだことがよりリアルに理解できました。
専攻科(地域看護学専攻)は学生の年齢や経歴が様々で、学生間でも学ぶことが多くあります。
将来は住民の方々に身近な保健師になりたいと思っています。

自分の食事や健康などにも気を使うようになりました。

山本

専攻科

山本

大阪府唯一の一年制カリキュラムであり、専門的な知識を実習や行事を通して、多方面に視野を広げ学ぶことができると思い、藍野大学短期大学部に入学を決めました。
クラスメイトに恵まれ、様々な年代や価値観の違う人達がいる中で生活することで、人間的にも自分の考え方も変化し、大きく成長することができました。
保健師として、健康相談や指導する立場になるのなら、まず自分が健康についての手本を示すことが必要だと学び、日々の生活の中で食事や健康などに気を使うようになりました。

卒業生からのメッセージ

とても充実した毎日を過ごすことができました。

台丸谷

第一看護学科

台丸谷

高校の担任や家族に勧められ入学し、その後准看護師の資格を取得して看護することの素晴らしさに気付き、正看護師を目指しました。
現在は、脳卒中ケアユニット(SCU)に勤務し、超急性期である患者様のオペ後や重症患者様の状態管理を行っています。
藍野大学短期大学部の教員の皆様にはとても親身になって勉強のことやプライベートなことまで相談に乗っていただき指導していただきました。
今後は知識や技術を見に付け1日1日を大切にし、患者様から得た学びを活かすことができるよう日々努力し、看護していきたいです。

知識・技術の向上を目指して一緒に頑張りましょう!

三宅

第一看護学科

三宅

幼い頃に病院へ行った際、担当の看護師が私の目線に高さを合わせて安心できる声かけをしてくださったことがきっかけで今の仕事を目指しました。
身体だけでなく心のケアもしっかりと行っている看護師という職業に魅力を感じています。
看護師は多くの人と関わる機会のある職業なので、人からのアドバイスや意見などを素直に受け入れられる人・毎日一度立ち止まって自分の行いを振り返ることができる人であるべきだと思います。
臨床実習や、日々の学習から得られることはたくさんあると思います。患者様により良い看護を提供できるよう、知識・技術の向上を目指して一緒に頑張りましょう!

『向上心』が一番必要だと思います。

青木

第一看護学科

青木

看護師である母親の姿を見て、同じ道を選びました。
現在は心臓内科を中心に緊急入院を受け入れる病棟で、高度治療室として急性期の患者様の看護を行っています。
急性期に対応できる判断力が身につき、最先端の医療を学ぶことができることがやりがいです。
この職業には何と言っても『向上心』が一番必要だと思います。

地域という形で多面的に関わることができる魅力的な職業です。

今井

専攻科

今井

祖父母が病院に入退院をしている様子を子供の時から見ており、年を重ねる度に病院に行く病気の理解ができてきました。その病気の多くは、生活習慣によるもので初期的介入の大切さを感じたのがこの仕事を目指したきっかけです。
現在は地域生活で身体的リハビリテーションの継続や身体機能の維持・回復などの支援を行っています。
保健師は、地域の人と密接に関わり、また自分も地域の一人です。個人・家族だけが対象となるのでは無く、地域という形で多面的に関わることができる魅力的な職業だと思います。

養護教諭の仕事は、やりがいのある魅力あふれる仕事です。

森阪写真

専攻科

森阪

総合病院や地域の開業医で看護師として働いていましたが、子育てするなかで、子どもの育ちを近くで見守ることができる養護教諭に関心を持ちました。
これまでたくさんの人に出会い、たくさんのパワーと元気をもらってこの仕事をさせていただいています。そしてこれからもたくさんの出会いに感謝して私自身も成長していきたいと思います。
日々、生徒一人ひとりの心と向き合い、触れ合うことで生徒たちからたくさんのパワーをもらっています。保健室を訪ねた生徒が教室に戻っていくときには「行ってらっしゃい」と声をかけていますが、そのとき、はにかんだ笑顔で「行ってきます」と保健室を出て行く生徒を見送るときは養護教諭になって良かったなと思う瞬間です。
養護教諭の仕事は、やりがいのある魅力あふれる仕事です。皆さんにとってもそうであることを祈念しています。これからも楽しく頑張ってください。
ご活躍を心から期待しています。

人との出会いを大切に、日々保健指導に励んでいます。

作田写真

専攻科

作田

学校という場で、保健分野に携わる仕事をしたいという夢を持っていました。そのためには、まず医療の専門知識・技術の習得が不可欠だと考えて、看護師として臨床経験を積みました。
そしてその経験を活かして保健分野を学び、現在大学で学校保健師として勤務しています。主に教職員・学生の健康診断をはじめとする健康支援をしています。身体的または精神的なことに対する相談や応急処置対応・健康教育なども担当しています。
「健康」は学校生活を送る学生や働いている教職員にとって、基礎となるものです。決して目立つ仕事ではありませんが、学生・教職員の皆さんが健康で日々過ごせるように支援できることがやりがいとなっています。在学時の保健所実習では現役の保健師さんから保健指導の極意を学び、地域との関わりの重要性を実体験できました。保健師経験豊かな先生の講義で学んだことが現在の保健指導・健康教育の原点です。
人との出会いを大切に、日々保健指導に励んでいます。専攻科は1年間という短い期間でしたが、何事にもみんなで力を合わせて取り組んだことが印象に残っています。