藍野大学短期大学部第一看護学科のブログを始めました。
これから受験を検討したり、第一看護学科の雰囲気を掴みたい方などぜひご覧ください。

日常の学生生活の様子、教員の活動など第一看護学科に関わる情報をこのブログより発信していきます。

2018年3月アーカイブ


こんにちは。

先日、「株式会社公益社」のエンバーマーIFSA認定 スーパーアドバイザーの金子重機先生をお迎えし、本学で講義を実施いただきました。


①.jpg


③.pngのサムネール画像


エンゼルケアが、死後の処置という印象から、遺族のグリーフケアにつながる
大切なケアであるという、深い学びにつながりました。


②.jpg


④.png


講義後の学生の感想をご紹介します。


【エンバーミングについて】
※エンバーミング・・・故人との良いお別れのために、ご遺体に消毒殺菌・防腐・修復・化粧を行い生前の姿に近づける技術のこと。

〇今回初めて、知ることができました。大切な人が亡くなった時、その姿が生前と異なり遺族にとって悲しいものであれば、エンバーミングはとても意味があることだと思いました。

〇故人と良いお別れができるようにするために、日本でももっと多くの方に知ってもらいたい。

〇自分の家族も、エンバーミングをしてほしいと思った。

〇エンバーミングを行う事で生前に近い状態でお別れができる事は、遺族のグリーフケアにも深く関わっていると感じた。


【エンゼルケアについて】
※エンゼルケア・・・死後に行う処置、保清、エンゼルメイクなどの死後ケアのこと。

〇看護師が行うお化粧が最後になる事もあるので、元気な時のその人に少しでも近づけるよう丁寧にケアしたい。

〇肌がきれいなままの状態が、長持ちするケアを知ったので、とても参考になった。

〇家族と一緒にエンゼルメイクをすることも、家族にとって良いお別れの一つのケアであることを感じた。




今回学んだ事は、将来看護師として働く時に必ず活きるスキルになるため、より一層看護師として働きたい気持ちが強くなりました。


2年生に進学しても実習や国家試験に向けて頑張ります!


« 2017年10月 | メインページ | 2018年4月 »