藍野大学短期大学部専攻科(地域看護学専攻)のブログを始めました。
これから受験を検討したり、専攻科(地域看護学専攻)の雰囲気を掴みたい方などぜひご覧ください。。

日常の学生生活の様子、教員の活動など専攻科(地域看護学専攻)に関わる情報をこのブログより発信していきます。


こんにちは。

専攻科のブログ委員です。

 

 

冬休みも終わり、本日は公衆衛生看護学実習Ⅰ(継続家庭訪問)の報告会でした!

 

私たちは地域の方々に、入学して間もない6月から11月までに計5回の継続的な訪問を行ってきました。

在宅で生活を送る方々のありのままの生活を経時的に見させていただき、貴重なお話を聞かせていただくことができました。

 

それぞれの学生で様々な状況下の対象者の訪問を行い、それを毎回カンファレンスで発表し、学びを共有してきました。

 

保健師として重要な、地域における支援体制や関係機関、家族関係など、様々な学びを深めることができました!

 

本日の発表でも、学生全員の貴重な学びを共有することができました!


 image0-1.jpeg


これで、実習全ての発表が終了し、残すは国家試験のみとなりました!

全員合格目指してがんばります☆!


こんにちは!

最近どんどん寒くなってきていていますね!

教室の外でも銀杏の木がきれいに舞っています!

 

専攻科では、実習も全て終了し、あとは看護研究の仕上げと発表準備、国家試験の勉強に取り掛かっています。

 

後期の授業もあと少しで終了し、達成感と共になんだか寂しいような気持ちでいっぱいです。

 

そんな中、今日は公衆衛生看護学概論の授業でした!

今日の授業では、避難所運営ゲーム"HUG"という、避難者の年齢、性別、国籍などそれぞれが抱える事情が書かれたカードを避難所に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、とういう模擬体験のゲームをおこないました!

 

避難所では、想定外の事が起こったりし、様々な事態にどう対応していくか、みんなで意見を出し合いゲームをしましたが、とてもむずかしく、頭を抱えながら進めていきました!

実際の現場ではもっと想定外のことも多いであろうし、適切な判断の難しさを実感しました。



1212ブログ1.jpeg1212ブログ2.jpeg


ゲーム後はグループ毎に発表し、それぞれのグループの考えを共有し、自分たちとは違う意見や視点を知ることができました!

保健師として、災害看護や避難所での活動を想定する機会となり、災害前の取り組みの重要性を再確認することができました。
この学びを、保健師として活動する時に役立てていきたいと思います!



こんにちは!!

 

 

先週末に全ての臨地実習が終了し

今週は報告会を行いました。

 

色んな実習地の様子が分かるとともに

学びを共有でき、とても有意義な時間になりました。

 

そして久し振りにクラスのみんな集合し

とても楽しかったです♪

 

 

次の山は研究です、、、(´_・`。)

頑張ります!!

 



 image2.jpegのサムネール画像image3.jpegのサムネール画像のサムネール画像