教育理念|大学概要|藍野大学短期大学部

大学概要

大学概要

  • 学長メッセージ
  • 教育理念
  • 沿革
  • アクセス・連絡先
  • 情報公開項目の一覧
  • 資料請求
  • 2012 OPEN CAMPUS
  • 茨木キャンパス Photo Gallery
  • デジタルパンフレット
  • 学校見学について

学校法人藍野大学の教育理念及びミッション・ステートメントについて

教育理念、ミッション・ステートメント、シン・メディカルの理念

 1979(昭和54)年に創設された学校法人藍野大学では、大阪府茨木市を拠点に現在、大学(医療保健学部 看護学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床工学科)、短期大学(第一看護学科[2年制]、第二看護学科[3年制]、専攻科[地域看護学専攻])、高等学校(衛生看護科)、専門学校(理学療法学科、作業療法学科)を擁し、高度で実践的な医療の知識と技術を身に付けた看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士の資格を有し、現代医療の発展に寄与する人材の育成に努め、地域社会の中で大きな役割を果たしております。これからも時代のニーズに応じた高度な教育・研究の機能と責務を遂行することにより、魅力ある教育研究活動の推進に努めて参ります。

学校法人藍野大学の教育理念念

病める人々を医やすばかりでなく慰めるために。

 この教育理念は、病気を医学的に治療すると同時に患者様の心に慰めを与えることが医療人の理想であるという考えに立っています。ここでは医学的な治療という意味で「医やす」という表現を使っています。この教育理念は、医療人が心がけなければならない目標であり医療の基本を示す精神であると言えます。
  学校法人藍野大学では、高度な専門的技量の獲得と同時に、この教育理念に裏打ちされた人間性豊かな医療人の育成が教育目標に掲げられ、創設以来、多くの医療人を世に送り出してきました。近畿地方を中心として日本全国の広い地域から、高いかつ新鮮な志を持つ学生・生徒が集まり、我が国の保健医療の向上のために貢献すべく、教職員全員が一丸となって研鑽を積んでおります。

ミッション・ステートメント

 急激な社会構造の変化の中、日本の社会は、最新の知見に根ざした医療サービスとともに、地域に密着し、心の通った安心できる医療の提供を求めています。学校法人藍野大学は、そうした社会の要請に応え、日本の地域医療の質の向上に貢献します。そのために、人間に対する深い愛を持ち、生涯にわたり医療職としての誇りを持ち続け、研鑽を怠らない医療人の育成に努めます。

シン・メディカルの理念

医師中心の医療から患者さん中心のチーム医療へ。

 面前で苦しむ患者さんへの対応は医師のみでは不可能です。医師以外のスタッフも対等の立場で、より高度な医療に従事することが大切です。現代社会では共に医療に携わるという意味で医療従事者をCo‐medical(コ・メディカル)と呼んで協力体制を築きつつあります。このような状況を踏まえ、創設者は看護、理学療法、作業療法を含む医療、福祉、保健の専門家が一緒になり(Sym)、シンフォニーを奏でるように協力して患者さん中心の医療(Medical)を行うことが重要であると考え、Sym‐medical(シン・メディカル)という理念を提唱し、その考えは学校法人藍野大学の教育にも活用されております。

シン・メディカルの理念

藍野大学短期大学部 教育目標・アドミッションポリシー

教育目標

 看護師は、医師による診断を基に患者が患う病の治癒を支援するのみならず、生活習慣の改善を促す重要な役割があります。これは、個々の患者の身近にいる看護師こそができる役割であり、医師ができることではありません。看護教育とは、医療を施すだけの人を送り出すのであってはならず、患者の共感を得て病の治癒の支援ができる人材を育成することにあります。そのために、医療や看護について十分な知識を持つことはもとより、患者に寄り添い共感を得ることができるように十分な教養をもつ学生を教育します。さらに、病に罹らない社会・生活環境を整える手立てを考え、実行する能力を持った人材を育てます。

アドミッションポリシー

 本学では、入学を希望される方に対し、本学が望む資質を示すため、次のように入学者の受入れ方針(アドミッションポリシー)を定めています。

第一看護学科

①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」

 第一看護学科では、卒業後に看護師として従事することを前提に、准看護師から看護師へのステップアップをするために、専門的知識と技術の修得、生命の尊厳を基盤とする倫理観、豊かな人間力を養い、ヒューマンケアを中核としたより実践的な看護の知識技能の修得を図ります。また、チーム医療の中で看護の役割を果たすことができる人材育成を目指します。
 この目的のために入学後は、以下の能力の向上を図ります。

 (1)高いコミュニケーション能力を持ち、深い洞察と倫理観に基づく人間関係を形成する能力
 (2)身につけた知識と技術をさらに高度なものとし、自発的に目的意識を喚起できる能力
 (3)自ら考え、なにごとにも挑戦し、最後まで粘り強くやり遂げる能力

②「入学者に求める能力は何か。」

 上記①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」を踏まえ、以下の意欲・資質を備えた者を入学者として求めています。

 (1)相手と気持ちを分かち合い、人の痛みがわかる感性を持ち、かつ自分の意見を発信して、
    人との関係を大切にできる
 (2)准看護師の基礎的な知識と技術を有し、高い専門性を持ち、努力を惜しまず自己研鑚できる
 (3)明確な目標をもち、その実現に向かってひたむきな努力を惜しまず、最後までやり遂げることができる

 高等学校衛生看護科または准看護師学校養成所で修得しておくことが望ましい科目として、国語の読解力および言語運用能力(国語総合)と数学Ⅰの計算能力があげられます。
 また、入学後の学修を円滑にするために基礎看護と人体と看護の科目を修得しておくことが望まれます。

③「培ってきたどのような能力をどのように評価するのか。」

 第一看護学科の選抜試験では、以下の評価を行います。

 (1)一般選抜入試では、上記②「入学者に求める能力は何か。」で掲げた科目を中心とする学科試験により
    基礎学力(知識、思 考力、表現力)を評価します。
    前期日程においては、小論文と看護専門科目により評価します。また、後期日程においては、看護専門
    科目と面接により評価します。
 (2)推薦入試では、小論文および面接により意欲、資質などを評価します。
 (3)社会人入試では、看護専門科目および面接により意欲、資質などを評価します。

 面接においては、上記②に関する認識や態度、特に(1)で求められる意思疎通、協調性、自己表現能力、共感能力、知性と感性のバランスの取れたコミュニケーション能力などについての資質、それらを身に付ける意欲などを評価します。面接における参考資料として、出身校等の調査書や志望理由書を活用します。(評価全体に占める面接の比率は約25%)

専攻科(地域看護学専攻)

①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」

 専攻科(地域看護学専攻)では、卒業後に保健師として従事することを前提に、地域・企業・学校などの活動の場において、あらゆる世代やあらゆる健康レベルの個人、家族、さらに集団、組織を対象とした公衆衛生看護活動を展開できるよう、入学後は以下の能力の向上を図ります。

 (1)高いコミュニケーション能力を持ち、深い洞察と倫理観に基づく人間関係を形成する能力
 (2)身につけた看護学をもとに、公衆衛生看護の視点をもって、保健師として自発的に目的意識を喚起
    できる能力
 (3)自ら考え、積極的な姿勢で、最後まで粘り強くやり遂げる能力
 (4)社会情勢などをみて、物事を客観的に見極め、保健師の役割について考えられる能力
 (5)地域の医療・保健問題の調査研究や問題解決に主体的に取り組める能力

②「入学者に求める能力は何か。」

 上記①「大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか。」を踏まえ、以下の意欲・資質を備えた者を入学者として求めています。

 (1)相手と気持ちを分かち合い、人の痛みがわかる感性を持ち、かつ自分の意見を発信して、
    人との関係を大切にできる
 (2)看護学に関する基礎学力を有し、公衆衛生看護に関心を持っている
 (3)自己研鑽に努力を惜しまず、最後までやり遂げることができる
 (4)探求心を持ち、主体的に研究に取り組むことができる

 入学後の学修を円滑にするために、また、各看護師養成校で修得しておくことが望ましい科目として、看護学(特に公衆衛生看護学)の基礎知識・看護技術があげられます。

③「培ってきたどのような能力をどのように評価するのか。」

 専攻科(地域看護学専攻)の選抜試験では、以下の評価を行います。

 (1)一般選抜入試では、上記②「入学者に求める能力は何か。」で掲げた教科を中心とする学科試験により
    基礎学力(知識、思考力、表現力、文章表現力)を評価します。
    前期日程においては、看護学と小論文により評価します。また、後期日程においては、小論文と面接に
    より評価します。
 (2)推薦入試では、小論文および面接により意欲、資質などを評価します。
 (3)社会人入試では、小論文および面接により意欲、資質などを評価します。

 面接においては、上記②に関する認識や態度、特に(1)で求められる意思疎通、協調性、自己表現能力、共感能力、知性と感性のバランスの取れたコミュニケーション能力などについての資質、それらを身に付ける意欲などを評価します。面接における参考資料として、出身校等の調査書や志望理由書を活用します。(評価全体に占める面接の比率は約30%)